カードローンを利用しているとき、まとまったお金が出来たら一括返済をしようと考えることもあるでしょう。確かに一括返済が出来れば、今後毎月決まった期日に返済をする必要がなくなります。

一見メリットしかないように感じられますが、実はカードローンの一括返済にはデメリットもあるのです。 一括返済のメリットとデメリットは何があるのでしょうか。

一括返済のメリットデメリットとは

一括返済のメリットはやはり、利息を大幅に減らすことが出来るという点です。利息は長期間支払えば支払うほどどんどん増えていきます。そのため、一括で返済をしてしまえばその後のカードローンの利息も手数料もかかりません。 たとえば全く同じ借り入れ金額でも、借り入れから一ヶ月で返済をした場合と5年で借り入れをした場合は数万円も利息が変わってくるのです。そのため、もし金銭的に余裕があれば出来るだけ一括返済をおすすめします。

しかし一括返済にはデメリットもあります。 利息を減らすことばかりに注目をして、ギリギリの状態で一括返済をするのは止めましょう。貯蓄を全て費やしてまで一括返済をするメリットはありません。やはりある程度の資金は必要です。何かあったときに現金が全くなければ、利息を減らしても意味がありません。

もし、一括返済は無理でも利息を減らしたい場合は、臨時収入やボーナスが入った時期に少し多めに返済をするようにしましょう。繰上げで返済をしても、利息は十分減らすことが可能です。

このページの先頭へ