消費者金融などで借り入れをして、返済が出来なくなったときには様々な対応を行うことがあります。その中の一つが、個人再生です。

個人再生はどんなことをするのか

個人再生は、裁判所を通じて債務を減らして貰うための手続きです。個人再生を行うことで、一時的に借金問題を解決することが出来ます。

個人再生を裁判所に提出して認可されると、債務が5分の1まで減らすことが出来ます。減額した金額を3年から5年ほどの期間で返済をすることとなるでしょう。

借金を返済できなくなったときに行う方法としては自己破産が有名ですが、自己破産は住宅や財産を手放さなければいけません。 一方、個人再生は一定の条件次第で、住宅などを手放すことなく手続きをすることが出来ます。

また、家族に迷惑が掛かることもありません。家族に負担がかからない制度なので、家族がローンを組むときに問題となることもないでしょう。 個人再生はあくまで借金の減額です。減額した上で分割して支払う形となるので、借金による悩みは大幅に軽くなります。

もちろん個人再生を行うとブラックリストとなり、5年から10年ほどは借り入れをすることが出来なくなります。また、返済を継続できる収入がなければ個人再生を行うことが出来ません。

デメリットももちろんありますが、数ある債務整理の中でもデメリットが少ないため、個人再生を考える人が増えているのではないでしょうか。もし個人再生をするときは司法書士などに相談をしましょう。

このページの先頭へ